09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

暗黒音楽玉手箱

ダークで美しい音楽を節操なくマイペースに紹介していきます。HR/HMが中心ですが、時折Goth/Darkwave/Industrial/Electro系も。青は個人的おすすめソング。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

THERION「Vovin」(1998年) 

THERION「Vovin」(1)

1. The Rise Of Sodom And Gomorrah
2. Birth Of Venus Illegitima
3. Wine Of Aluqah
4. Clavicula Nox
5. The Wild Hunt
6. Eye Of Shiva
7. Black Sun
8. Draconian Trilogy - The Opening
9. Draconian Trilogy - Morning Star
10. Draconian Trilogy - Black Diamonds
11. Raven Of Dispersion
12. Crazy Night  *Japanese bonus track

スウェーデンのベテランSymphonic Dark Metalバンド、THERIONの通算6作目にあたるフルレンス。
THERIONは3rdの「Symphony Masses」からのファンだが、彼らはこの3rdを機に大きく化け始めた。
未だダーティーなDeath Metalテイストがプンプン匂ってくる禍々しい雰囲気のアルバムではあったが、(未熟ではあるけれども)大仰なシンフォニック・アレンジがそこかしこに顔を覗かせ、THERION特有の儀式的で怪しげな空気も纏いつつあった。
今ではさして珍しくもないメロディアスなDeath Metalというのも当時は稀有な存在だったため、僕の耳に非常に新鮮な刺激を与えてくれたことを覚えている。
続く4thの「Lepaca Kliffoth」では、より卓越したメロディ・センスを手中に収め、名曲"The Beauty In Black"や"Evocation Of Vovin"に見られるオペラティックなコーラスは、その後のTHERIONの方向性を決定づけることになる。
そして登場したのが名盤「Theli」だ。Operatic Dark Metalの一つの完成形である。
「Theli」以降のTHERIONの音楽的方向性はほとんどぶれることなく変わっていないのだが、未だ創成期にあるため「Theli」のそれは非常に荒々しい。
現在のTHERIONで聴かれるような計算されつくした緻密で繊細な雰囲気はあまり感じられない。
だが、逆を言えば「よりメタリックである」ということ。
正直、今のTHERIONはあまりにクラシック・サイドに傾倒しすぎているきらいがあり、どうにも馴染めない。
メタルのアグレッションが十分に内在していたこの頃のTHERIONが僕にとっては黄金期だ。

話がかなり横道に逸れてしまったが(それだけTHERIONというバンドが僕にとって特別な存在であるという証左なのだけれども)、今日紹介したいのは「Theli」に続く彼らの6thフルレンス「Vovin」。
「Theli」と並んで甲乙つけがたい、超思い入れのあるアルバムだ。
「Theli」を"動"とするならば「Vovin」は"静"。
Heavy MetalとClassicの間を揺れ動いているTHERIONが、その双方のおいしい所を絶妙のバランスで吸収消化し、非常に繊細で美しいDark Metalとして世に送り出してくれたもの。それがアルバム「Vovin」だ。
当時、まだ真っ当な社会人をやっていた僕は、仕事の休憩時間中に本屋で立ち読みしていたBURRN!誌上で「Vovin」のリリースを知った。
その時、誇張などでなく本当に涙を流して歓喜した。全身に鳥肌が立った。
仕事なんぞほっぽり出して、今すぐ新宿西口の輸入盤店に駆け込みたい衝動に駆られた。
それほど当時の僕はTHERIONというバンドに魅入られていた。

まあ結局、輸入盤を買うのはグッとこらえて少し遅れてリリースされた国内盤を購入することになったのだが、肝心の中身は期待に足る素晴らしいものだった。
THERIONは、ルーツ的にも根底に流れる精神性自体も、決してGothic Metalにカテゴライズされるバンドではないが、それでもなおTHERIONのGothicな側面を体感したいのであれば、一にも二にもまずはこのアルバムをお勧めする。
「Vovin」はTHERIONの作品群の中でも突出して繊細優美、そして闇を纏った儚い叙情性に満ち満ちたアルバムだ。
もちろん、彼らが生粋のHeavy Metalバンドである以上、当然のように#3・#5のようなヘヴィでタイトな曲も収録されている。(とは言え、大仰な混声コーラスバリバリのTHERION節全開な点は他の曲と大差はないのだが。)
これらの曲ももちろん悪くはないのだが、「Vovin」アルバムの真価は#2や#4にある。
本格的なオーケストラを起用したことにより、ストリングス及びコーラスパートに前作とは比にならない重厚なクラシック・テイストを有するに至ったTHERION。
その彼らが描き出す、Dark MetalとClassicのパーフェクトな融合 - それが#2・4だ。

ちなみに#2はPVも作成されている。
THERIONのPVは、"To Mega Therion "といい"Kali Yuga Ⅲ"といい、せっかく曲が素晴らしいのに映像の方がどうもいまいちで垢抜けないものが多い。
なんだか往年のJUDAS PRIESTのようなバンドだったりするのだが、#2のPVは数少ない例外のようだ。
ライヴ撮りが素材となっているPVなのだが、その色調はアルバム・アートワークと同様のシックなセピア色。
その中をヴォーカルのMartina Hornbacherが恍惚とした表情で終始ゆったりとなまめかしく踊り続ける。
ある種の気品すら感じられる非常に印象的なPVだ。


【Birth Of Venus Illegitima(PV)】
スポンサーサイト

Posted on 2012/01/28 Sat. 07:30 [edit]

thread: CDレビュー

janre 音楽

CD紹介  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ladyrosendead.blog.fc2.com/tb.php/7-e01b53b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。