05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

暗黒音楽玉手箱

ダークで美しい音楽を節操なくマイペースに紹介していきます。HR/HMが中心ですが、時折Goth/Darkwave/Industrial/Electro系も。青は個人的おすすめソング。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

DIARY OF DREAMS「(if)」(2009年) 

DIARY OF DREAMS「(if)」(1)


1. The Wedding
2. Requiem 4.21
3. Odyssey Asylum
4. Poison Breed
5. Wahn!Sinn?
6. The Colors Of Grey
7. Choir Hotel
8. The Chain
9. King Of Nowhere
10. 21 Grams Of Nothing
11. Mind Over Matter
12. Kingdom Of Greed

DIARY OF DREAMS「(if)」(2)

ドイツのElectro Darkwave、DIARY OF DREAMS。
僕の大のお気に入りユニットだが、そんな彼らの作品の中でも屈指の完成度を誇るアルバムがこの「(if)」だ。

身の毛がよだつPVが異彩を放つChamber Gothic調の#1、血の涙を誘う悲壮感に満ちた#3、世界を沈鬱な灰色に染め上げる死に際の鎮魂歌#6、「恐れることはない。これで世界が終わるわけではないのだから」と深みのある言霊で語りかける荒涼とした佇まいのDOD流ハイセンスDark Pop#9。
どれもこれも最高に暗く美しい名曲ばかり。
囁き、むせび泣き、そして決して癒されることのない絶望感を心の痛みと共に吐き出し続けるAdrian Hatesのディープで悲嘆に満ちたヴォーカルが心に沁みる。

病んで疲弊しきった魂にこれほどまでに呼応し、優しく包み込んでくれる音楽に出会ったのはTHE SMITHS以来のことかもしれない。
ありとあらゆる後悔や自己嫌悪、自己否定、そして惨めったらしくて目も当てられないような鬱屈した厭世観 - そんな女々しく腐った忸怩たる感情のすべてを肯定し、淡く青白い光で照らし続けてくれる屈折した救いに満ちた音楽がここにある。
こんな生き辛く悪意に満ちた世界の中、今もこれからも決して片時も離さずに傍らに置いておきたい最上のヒーリング・ミュージック - DODは僕にとってそんな特別な存在だ。

【King Of Nowhere(PV)】
スポンサーサイト

Posted on 2012/12/12 Wed. 01:39 [edit]

thread: CDレビュー

janre 音楽

CD紹介  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ladyrosendead.blog.fc2.com/tb.php/69-dff1ac85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。