05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

暗黒音楽玉手箱

ダークで美しい音楽を節操なくマイペースに紹介していきます。HR/HMが中心ですが、時折Goth/Darkwave/Industrial/Electro系も。青は個人的おすすめソング。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

BELIEVER「Dimensions」(1993年) 

BELIEVER「Dimensions」(1)

1. Gone
2. Future Mind
3. Dimentia
4. What Is But Cannot Be
5. Singularity
6. No Apology
7. Trilogy of Knowledge - Intro: The Birth
8. Trilogy of Knowledge - Movement I: The Lie
9. Trilogy of Knowledge - Movement II: The Truth
10. Trilogy of Knowledge - Movement III: The Key
11. "We love you, take care, bye bye."

BELIEVER「Dimensions」(2)


当時、"Christian Death Metal"なる、わけの分からん肩書でシーンに登場したのがこのBELIEVERだった。
この「Dimensions」は僕のBELIEVER初体験となるアルバムだったが、非常にテクニカルで変拍子を多用したプログレッシヴかつソリッドな音作りで、当時としてはかなり実験的なその試みに心惹かれたのを覚えている。
但し、ショート・センテンスごとにいちいち吐き捨てるように歌い回す単調なヴォーカルだけは少々いただけなかった。
せっかくバッキングが複雑かつ緩急に富んでいるのだから、ヴォーカルももちっと厚みのある表現力を身に着けてほしいものだ。

さて、このアルバムの聴きどころだが、それはなんと言ってもラストの組曲"Trilogy of knowledge"だろう。
アルバムの価値の大半がここに集約されていると言っても過言ではない。
アルバム前半のアヴァンギャルド・スラッシュ的な展開とは打って変わって、オーケストラルなストリング・セクションと妖しげな女声コーラスを大胆に導入した大仰なゴシック組曲だ。
クラシカルな優雅さ・繊細さを濃厚に取り入れつつもメタルのヘヴィネスとアグレッションを失わない絶妙な構築美は、その後TRISTANIA辺りの荘厳なSymphonic Gothicの血脈に受け継がれていったのではないかと思うのは僕だけだろうか。


【Trilogy of Knowledge - Movement I: The Lie】
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/14 Sun. 22:51 [edit]

thread: CDレビュー

janre 音楽

CD紹介  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ladyrosendead.blog.fc2.com/tb.php/53-c8e1da88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。