07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

暗黒音楽玉手箱

ダークで美しい音楽を節操なくマイペースに紹介していきます。HR/HMが中心ですが、時折Goth/Darkwave/Industrial/Electro系も。青は個人的おすすめソング。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

EDGE OF SANITY「Purgatory Afterglow」(1994年) 

EDGE OF SANITY「Purgatory Afterglow 」(1)

1. Twilight
2. Of Darksome Origin
3. Blood-Colored
4. Silent
5. Black Tears
6. Elegy
7. Velvet Dreams
8. Enter Chaos
9. The Sinner And The Sadness
10. Song Of Sirens
11. Until Eternity Ends*
12. Eternal Eclipse*

*bonus tracks for Japan only

EDGE OF SANITY「Purgatory Afterglow」(2)

メロデス黎明期に名を馳せたEDGE OF SANITYの名盤。4thフルレンス。
同期のIN FLAMESやDARK TRANQUILLITYに比べて日本での認知度は低めだが、メロデスの進化・発展においてのEoSの貢献度合いは決して先の2バンドに引けを取らない。
また、ブレインのDan Swanöは数多くのデス系アルバムのプロデュースを務める、シーンのキーマンたるプレイヤーでもある。

前作の直情的なデスメタル・スタイルを継承しつつも、Heavy Rock/Hard Core調の#3・10、名曲"Sacrificed"の流れを汲むNew Wavyな#5と、非常にバラエティかつ起伏に富んでいる。
卓越したメロディ・センスも健在で、特に#1の狂的な叙情具合はハンパなく、Melodic Death Metalの一つの到達点だと思う。
20年近くの時が経過した今においても、まったく色褪せることのない輝きを放っている珠玉の一曲だ。
また、ドスの効いたDanのグロウルがしびれるほどにかっこいい。
当時、巷ではDARK TRNQUILLITYのMikael Stanneが「世界一美しいデスヴォイス」と評されていたが、僕は断然Dan SwanoやNefilimのCarl McCoyのような怒りと憎悪をまき散らすタイプの雄臭いヴォーカルが好みだった。
彼らの咆哮は悲哀や美しさには欠けるかもしれないが、アドレナリンを大量に分泌させてくれる。


【Twilight】


スポンサーサイト

Posted on 2012/08/29 Wed. 02:24 [edit]

thread: CDレビュー

janre 音楽

CD紹介  /  TB: 0  /  CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。